「発酵食堂豆種菌」の発酵食を楽しむ十二か月

販売価格 1,296円(内税)
購入数

手作りの発酵食のある毎日。
麹菌が生み出す日本ならではの発酵食、甘酒、塩麹、味噌を手作りし、日々の食卓で活用する方法やアレンジレシピが満載。

日本独特の麹菌が生み出す味噌や甘酒などの発酵食品は、
昔から日本人のすこやかな食生活を支えてきた。
現代にこそ見直したい発酵食を身近なものにするための一冊。
寒に仕込む手前味噌、作っておきたい塩麹や三升漬け、夏バテにも効く甘酒の作り方、これらの発酵食を使った麹漬けや発酵だし、味噌漬け、甘酒漬けなども満載。
アレンジ発酵食レシピで作る季節のおにぎりも紹介。
酒の肴に、ご飯の友に、主菜に副菜に、そしてなべ物や雑煮にと、晴れの日にも日常にも深く根付く発酵食の楽しみ方を紹介。
シンプルな鮭の味噌漬け、麹漬け、甘酒漬けを始め、刺身、野菜、肉などのレシピも紹介しています。
日々発酵食と付き合う方法、ていねいな仕事をしているみそ蔵や麹屋の紹介、季節に合わせた発酵仕事などなど、暮らしに根づく発酵食バイブル。

日本人は昔から発酵食とともに暮らしてきました。
健康を支え、おいしさを支える麹の料理。
味噌、塩麹、甘酒といった発酵食品を季節に合わせて仕込み、旬の食材とともに楽しむ。
そんな毎日の手引きになる一冊。

最近チェックした商品

blog

醸造料理人 伏木暢顕

日本の発酵食文化伝承人。醸造料理人です。 基本的には東京・学芸大学にて発酵教室を行っております。 麹の文化を広めるべく、日本、世界へと飛び回ります。 日本全国の蔵の繁栄を心から切に願っており、そのために労を惜しみません。

伏木な麹とオラオラ発酵

link

space バナー space バナー space バナー

Mobile