発酵王子 伏木暢顕が教える きょうからはじめる麹料理

販売価格 1,512円(内税)

SOLD OUT
基本から学べる麹づかいのコツ。
伏木暢顕による麹料理教本の決定版!!

私たち日本人と微生物は、はるか昔から深い関係で共生していました。
『発酵』・『醸造』という言葉は、
日本人にとってもっと身近であったと思います。
この本を読んでいただいて、
少しでも微生物たちとの距離が縮まったらうれしく思います。
醤油や味噌、甘酒やぬか床といったものは、
「自分でも造れる」と実感していただけたら何よりです。
もちろんプロの醸造家の方たちが造るそれとは異なりますが、
各家庭で造るということは、とても意味があることだと思います。
家付きの菌や、造った人の常在菌、その人の体温などにより、
味が変わっていきその家庭の味となっていきます。
微生物たちが、自分たちの仕事を全うする。
微生物たちが自分たちの仕事を全うするには、人間は待つ必要があります。
1年や2年……人間が待って、微生物たちがやりきった
その『もろみ』からは、何ともいえない香りや旨味、
自然な甘みや酸味が産まれます。
そして私たちの体の負担を軽減する作用や、
健康に生きていくためのさまざまなものが含まれています。
『醤油』や『味噌』は世界で最も体に与える影響が大きく、
世界で最もうま味が含まれた調味料だと私は思っております。
『天然醸造』や『限りなく天然醸造に近いもの』はです。

都会では忘れられ始めている、この『微生物との共生』。
ぜひ体感して、変化するさまを楽しんでいただきたいと思います。
大切なのは興味をもって接することと、
微妙な変化にも気づいてあげること。
はるか昔から続く日本の文化に触れていただけたら、何よりです。

そして日本の財産である『蔵』の繁栄を心より願っております。

伏木暢顕
2012年8月20日

最近チェックした商品

blog

醸造料理人 伏木暢顕

日本の発酵食文化伝承人。醸造料理人です。 基本的には東京・学芸大学にて発酵教室を行っております。 麹の文化を広めるべく、日本、世界へと飛び回ります。 日本全国の蔵の繁栄を心から切に願っており、そのために労を惜しみません。

伏木な麹とオラオラ発酵

link

space バナー space バナー space バナー

Mobile